ホーム

IDCの概要

日本に暮す外国人100人が日本人の口臭について感じていることは?
2017年11月20日

日本に住む外国人100人に日本人の口臭について聞いたところ、口臭が気になる外国人は7割を超えていました。

口臭が気になるから日本人とキスしたくないが43%!
職場の日本人の口が臭いと思ったことがあるのは68%と過半数を超え、その中の4割は上司ということです。

 

日本人の口臭に思わず顔をそむけたくなった場所は?(複数回答)

第1位 公共交通機関(電車、バス、タクシー等)、74%
第2位 勤務先、60%
第3位 公共機関(学校、郵便局、病院、銀行等)、36%
第4位 飲食店や販売店など接客の場面、20%
第5位 友人、知人宅、19%
第6位 旅行時や出張時の宿泊先(ホテル、旅館等)、6%
その他 4%

ほぼ、生活圏の主な場所で不快な思いをしているようです。

あわせて、こんな質問もしています。

 

口臭予防も含めてオーラルケアは重要だと思うか?(複数回答)

幼少期から習慣化されている   80%
将来の健康維持のため      71%
他人に不快な思いをさせたくない 63%

 

歯科医院に通院する理由(複数回答)

クリーニング    70%
虫歯、歯周病予防  50%

 

歯科医院は予防目的でいくところ

興味深いのは虫歯、歯周病予防目的で通院している人が50%もいることです。
虫歯や歯周病の治療ではなく、予防のために歯科医院に通っている人が多い結果になっています。
日本在住の9割の外国人は少なくとも1年に一度はお口のお手入れのために歯科医院に通うということです。

外国の人にとってオーラルケアは、健康のためだけでなく、マナーの1つという意識があるのかもしれませんね。