ホーム

information

頸動脈エコー検査であなたの動脈の状態を診断しませんか?
2017年12月04日

動脈硬化を治療すれば、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを大幅に減らすことができます。

 

当院内科の頸動脈エコー検査であなたの動脈の状態を調べてみませんか。

 

検査時間は10分程度。

事前の食事制限などはありません。

 

動脈硬化とは、老化や余分なコレステロールのため動脈が硬く、狭く、もろくなる病気です。

加齢以外にも血液中で増え過ぎた悪玉コレステロールが原因で動脈硬化が進行します。

 

悪玉コレステロールは血管の壁の中に入り込もうという性質があり、放っておくと壁の内側に溜まりこぶのような塊(血管プラーク)をつくります。

この塊によって血管の内側が狭くなり血液の流れがどんどん悪くなります。

 

さらにその塊が何らかの刺激で破れるとそこを修復しようと血小板でかさぶたが作られます。

これが血栓とよばれるものです。

この血栓によって血液の流れが止まってしまうと、その先の組織に酸素や栄養が届かなくなり最悪の場合、脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる病気につながってしまいます。

 

頸動脈エコー検査であなたの動脈の厚さや血管プラークの状態を調べ、治療改善をはかりましょう。