ホーム > 診療のご案内 > インプラント治療

歯科

インプラント治療

インプラント治療のご案内
インプラント治療とは?

インプラント治療とは、抜歯や怪我などで歯がなくなった骨に人工の歯の根っこを埋め込み、その上に固定式の作り物の歯を被せる治療法です。
天然歯と変わらない噛み心地が取り戻せ、見た目が大変自然になります。
周りの歯を削ったり、支えにしないので、残っている歯に負担をかけません。
入れ歯などが合わない方、より自然な見た目を取り戻したい方、また残っている歯の健康を守りたい方などに非常に適した治療法です。
自分の歯を1本から数本失ったり、全てない状態でも対応が可能です。

インプラント治療の長所は?

・天然歯のような噛み合わせの力が回復します
・自分の歯のように見た目が自然です
・入れ歯のような違和感がありません
・適切なケアを行えば数十年保つことができます

インプラント治療の短所は?

・手術が必要です
・治療期間が長くなります
・状態によってはインプラント治療ができない場合もあります
・保険がきかず比較的費用が高額になってしまいます

従来の治療とインプラント治療の違い

歯が1本から数本なくなった場合

□ブリッジ(被せ物)による欠損部治療
欠損歯牙の健常な両側の歯を削り、冠を橋渡しして、欠損部分の歯を補う方法です。

□部分入れ歯による治療
部分入れ歯は欠損部の周囲の歯に金属の留め金によって、取り外し可能な人工の歯を溜める方法です。
欠損した部分の骨がやせてしまうほか、周囲の健常な歯に留め金を掛けるので、大きな負担が掛かってしまいます。

□当院のインプラント治療
歯を失った部分にインプラントを1本埋入し、その上に被せ物をします。インプラント治療なら、両側の歯を削る必要がないので、健全な歯を傷つけることはありません。
また部分入れ歯のように周囲の歯に留め金を掛けないので負担が掛かることもなく、また留め金に特有の違和感がなくなります。

歯がすべてない場合

□総入れ歯による治療
入れ歯がぐらついて、しっかりと噛めない場合があります。
歯ぐきまで広く覆ってしまうので、違和感があります。

□当院のインプラント治療
インプラントでしっかりと固定しますので、総入れ歯のようにぐらつくことがありません。しっかりと噛むことができるようになります。

よくある質問

Q:インプラント治療は100%安心なのでしょうか?

A:全ての歯科治療は、同じ材料を使っても同じ結果ではありません。
人工物を体内に埋め込むインプラント治療は、その結果に最も大きな差が表れる治療になります。同じシステムや同じ機材を使ったとしても実際に行う術者によって結果は全て違ってきます。

Q:インプラントは専門の歯科が良いですか?

A:インプラント治療をお考えの多くの方は歯周病や虫歯、不正咬合など様々な問題を抱えています。それらの問題に手を施すこと無く、インプラント治療だけを行うことは本当の意味での解決にはなりません。インプラントだけではなく総合力のある歯科医院での全体的治療が重要です。

Q:インプラントがあるとMRI検査ができないって本当ですか?

A:CTやMRI検査にインプラントがあると支障が出るということが昔はありましたが、現在は特に問題ありません。しかし念の為に検査を受ける際には、医師に一言伝えておくとよいでしょう。

Q:インプラント治療は一度行うと一生持ちますか?

A:インプラントは定期的なケアとメンテナンスが必要です。天然歯と同じよう に、ンプラントの周りが汚れると炎症をおこします。歯ぐきが腫れてきて、ひどくなるとインプラントを支えている骨が溶けてしまうこともあります。また噛み合わせが原因で、被せ物がゆるんできたり、破損などのトラブルが起こることもあります。そういうトラブルを防ぎ、インプラントを長く機能させるためには定期的なメンテナンスが必要です。

インプラント治療にあたって

綿密な診断のもとに丁寧な診療行うことが安心と信頼の証だと思っています。

昨今、日本においてもインプラント治療の増加に伴い、トラブルも増えています。
それらのトラブルの多くは、最初の診断ミスと無理な施術によるものです。

当院では、術前の診断を慎重に行い、必要であればインプラントを埋入するに十分な骨を作った上でインプラント治療にあたります。

まずは、お電話でインプラントについて相談したいとお伝え下さい。

電話番号は 0120−122−110 です。
【平日:9:00~17:00 / 木・土:9:00~12:00】

スマートフォンからも通話可能です。